ブログやるならJUGEM
7月のfood+。

梅雨明けからいきなりのスーパー猛暑にクラクラしていますが、

7月も暑い中、多くの皆様にご参加いただき、心より感謝いたします。

 

夏向きの、そして暑さに負けないメニューにしようということで、今回は

ベトナムのポピュラーなお魚惣菜をメインに、アジアの元気をたっぷりいただける

料理をご紹介しました。

 

夏野菜の代表格きゅうりにレモン、ライム、ミントで涼しげなテーブルに。

ココナッツを使ったクッキーとベトナムならではのハス茶で皆様をお出迎え。

やはり、生春巻きは欠かせない。

作ったことのある方も多いというのは承知の上、みんなで丁寧におさらいしました。

今回使用したライスペーパー、薄くて気になる臭いもなく、おすすめです。

生春巻き、完成!

中にはちょっと皮が破けた方もいらっしゃいましたが、皆さんお上手でした。

色合いや透け具合…美しい仕上がりの料理というものは、間違いなく美味しいものです。

今回の器は、アジアの雰囲気そのまま、おっとりした、おおらかな質感の土物を中心にコーディネート。

あえてワンプレートに挑戦。

とにかく暑い時期の料理は、なるべく短時間でそして手軽にできるものが嬉しい。

ということで、きゅうりやもやしなど、手軽で経済的な食材を使ってさっと作れる

アジアな簡単和えもの2品。どちらもハーブが決め手。

こっくりとした飴色でつやつやに仕上がった煮魚は煮汁ごとご飯にたっぷりかけるのが美味しい。

タイ米でぜひお試しください。

ベトナムの定食屋スタイルを真似て、もりもりワンプレートに盛り付けして試食。

おまけで今回はモロヘイヤスープをお出ししましたが、現地では、スープもご飯にかけながら混ぜ込んで

食べるのが一般的らしい。

デザートはベトナム式プリン。コーヒー×コンデンスミルクの相性は言わずもがな。

上に乗っかってるクラッシュアイス、いまいちよくわからないけど、まあ良しとしよう。

 

今回の魚のカラメル煮、魚を変えて、また、寒い時期には土鍋でぜひ作ってみてくださいね。

みなさんのご家庭の魚レパートリーの一つになるといいな。

 

 

 

 

- comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://smkt0314.jugem.jp/trackback/388
<< NEW | TOP | OLD>>