ブログやるならJUGEM
11月のfood +。

どこもかしこもクリスマスですが、ウキウキ気分には全くならず

年末掃除→マズい…が頭の中をぐるぐる回るだけ。

 

さて、今年最後の教室は恒例のクリスマスメニューとなり、

いつも以上に賑やかに、楽しく過ごせたように思います。

多くの方にご参加いただき、感謝申し上げます。

 

今年のクリスマスメニューも迷いに迷ったのですが、

出産を1月に控えた生徒さんからの熱いリクエストにお応えして

メインは豚肉のドライフルーツ煮込みとなりました。

実は、数年前のクリスマス会で適当に作った豚肉のプルーン煮込みの

レシピ要望を多く頂いていたのですが、どんな風に作ったか全く思い出せず

なんとなくそのままにしておりました。

というわけで、2018年バージョンで仕上げた豚肉のドライフルーツ

煮込みをご紹介。

 

今年のクリスマスは枝一本リースで皆様をお出迎え。

↑これはもみの木リース

↑こっちはユーカリリース

なんとなくいつもクリスマスのお菓子はブールドネージュになってるような…

お仕事でご一緒させて頂いた八女の中村園さんのドライローズマリー

(素晴らしく良い香り!)とレモン果皮を加えたブールドネージュ。

 

挨拶もそこそこに、レッスンスタートと同時にメインに取り掛かりました。

猛スピードで説明を終え、煮込み開始。

90分煮込む間に、一緒に添える里芋ゴルゴンゾーラや、

色合いの美しさにハッとする紫キャベツとぶどうのサラダ、

大根、柿、サラミのマリネを準備。

お皿選びもスムーズに。白いアンティークのクープにメインを、

そしてサラダ類は黒や銀彩の平皿をチョイス。

時間が余りすぎて、30分以上も歓談タイムとなってしまいました。

まあ、たまにはいいか…

 

メインの仕上げをしている合間に、付け添えやサラダ、マリネを仕上げて盛り付け。

思った以上に簡単にできたメイン、でも、仕上がりのごちそう感や

艶やかさ、そしてうっとりするような香りに、盛り付け最中

嬉しい悲鳴も聞こえました。

試食は、珍しく赤ワインを頼む人もちらほら。

 

 

 

デザートは、チョコレートで。

皆さんの目の前ですくって仕上げるデザートは、クリスマスメニューならではの

特別感が出て、作った側としてはなかなか気分がいい。

 

以前お教えした、ブッフブルギニオンよりもはるかに簡単に手軽に作れることも

あって、きっと今年のクリスマスには多くの家庭でこの料理が並ぶことでしょう…笑

まずは、プルーンの赤ワイン煮をたっぷり作って頂いて、美味しいメインを作って欲しいな。

余ったら、ケーキにたっぷり混ぜ込んでも。

 

時間がある方は、ぜひ塊肉をそのまま豪快に煮込んでも。

今年もありがとうございましたの気持ちを込めて、小さなお土産を用意。

二口ぐらいで終わってしまいそうな量のプルーンの赤ワイン煮を持ち帰って頂きました。

今回は、いかにも女性が喜びそうなフルーツ感満載なメニューとなりましたが、

皆様のクリスマスがより一層素敵なものになりますようにと願っております。

 

 

 

 

- comments(0) trackbacks(0)
food +新年会のお知らせ。

続いて、新年会日程について。

 

今年はクリスマス会を取りやめて、1月に初のfood +新年会を行う予定です。

日程ですが、

 

 1月13日(日) 13時スタート、もしくは、

 1月14日(祝・月) 13時スタートのどちらかで考えております。

 

よって、参加希望者は参加希望の日程もしくは両日OKと言う形で

年内中にメールにてご連絡ください。

参加希望者が多い方の日程で決める予定です。

レッスン時にも申し上げましたが、クリスマス会同様、一人1品持ち寄り

となります。なので、持ち寄り品についても、こっそり決めておいてください。

クリスマスとはまた少し違った新年っぽいメニューも期待してます。

 

よろしくお願い致します。

 

- comments(0) trackbacks(0)
2019年1月料理教室日程のお知らせ。

いつの間にか冬支度となり、街は完全にクリスマスモードです。

今年ももうすぐ終わりかと思うと、なんだか焦ります…

 

さて、来年2019年1月料理教室日程のお知らせです。

 

   1月26日(土)

   1月27日(日)

   1月29日(火)

 1月30日(水)

  

以上、4日間行う予定です。

なんとなく平日参加の方が増えている傾向ですので、平日を2日間設けて

土曜日を1回で考えております。もし土曜日に人数が集中するようでしたら

土曜日の別日も検討しようかと思っております。

 

申し込みはこちらから → smkt@lime.ocn.ne.jp

もしもまた、エラーが出た場合はこちら → smktt@icloud.com

 

申し込みについて、

明日より参加申し込みをメールにて受け付けます。

なお、通常通り、過去一回以上の参加経験者の予約を優先し、空きが出次第

またブログにてお知らせ致します。

 

新年最初のレッスン、やはりあったかメニューがいいですよねえ。

乞うご期待。

 

では、よろしくお願いいたします。

 

 

 

今年は仕事で作ったウォールツリーで、何となくクリスマス気分です。

 

 

 

- comments(0) trackbacks(0)
マリンちゃん!!

突然、我が家に犬がやってきて、新しい家族の一員となった。

マリンちゃん、8歳、女の子。

月にチャッピーと悲しいお別れをし、その寂しさを埋めるかのように

今、家族みんな、マリンちゃんに夢中だ。

 

いきさつを話せば長いのだが、

もともと飼っていた東京在住の老夫婦が、もう犬のお世話が出来なくなり

里親を探しているが、見つからなければ保健所に引き取ってもらう

ことになる…という情報を旦那がたまたま入手してしまい、結局福岡在住の

我が家が飛行機で引き取りに行ったという、なんとも壮大なスケールの話なのだ。

犬種はオーストラリアンシェパードという割と珍しい犬種らしいが、

なんとなくチャッピーに似てるような、そして、しっかり眉毛があるという

親しみやすい顔立ち。そして、まあまあデカい。

 

最初、この犬を本当に引き取るのかどうするのか家族会議をした時、

息子は「このこと、チャッピーはどう思うんやろ…ヤキモチ妬かんかいな」

とポツリ。

 

ああこれなら大丈夫だと思い、子犬ではない成犬を引き取って飼うことの

難しさや、あと数年で直面するであろう老犬のお世話の大変さ、そして

殺処分されるペットのことなど、いろいろ話し合い、責任と覚悟を持って

家族として迎え入れようという結論に至った。

 

社交性があまりなく、他の犬と出会ってしまうと狼のように豹変して

吠えまくるため、散歩がなかなか大変ではあるが、旦那さんはその

しつけや調教さえも楽しんでいる風だ。

息子もやはり嬉しそうだ。全身毛まみれになりながら、一緒に横たわって

読書したり、マンガの読み聞かせをしたり、宿題の音読したり(←ダメやろ)

音楽聴いたりと、楽しそうに戯れている。

↑マリンちゃん、なかなかいい顔しとる。

 

そんなこんなで、我が家はまたにぎやかになった。

チャッピーとのいい思い出に加えて、新たにマリンちゃんとの

思い出を作っていけるのだと思うと、なんだかちょっと楽しみだ。

 

マリン、津屋崎へようこそ。笑

 

 

 

 

そして、ちょこっとお知らせ。

 

 今週末11月17日(土)のレッスンは、キャンセルが出ており

 空きがまだありますので、ご都合の良い方、ぜひ。

 

 

 

 

 

- comments(1) trackbacks(0)
10月のfood +。

朝晩は少しずつ肌寒くなってきたとはいえ、爽やかな秋晴れが続き

とても気待ちが良い毎日です。

 

10月は食欲も増す、秋らしいメニューということで、炊き込みご飯が

メインの内容となりました。

実は前々から炊き込みご飯のリクエストがあったためか、秋は和食がいい

という方が多かったためかよくわかりませんが、レシピをお渡しした途端

喜ぶ声もちらほら。

 

蕎麦ぼうろと黒豆ほうじ茶で皆様をお出迎え。

 

説明しながらいきなりの調理スタートで、どんどん仕上げていきます。

茄子の煮浸しはしっかり味を含ませてから。

こういったなんちゃない普通のお惣菜が意外と喜ばれるのは不思議です…。

一晩置くのもおすすめです。

 

意外と簡単に家で作れる!と評判だったがんもどき。

余ったら、おでんなどの煮物にぜひ。

ぷっくり膨らんだ可愛らしい揚げ立て姿。

 

器はシンプルでシックな雰囲気の陶器で。急に秋冬コレクションとなりました。

 

最後にメインの炊き込みご飯。

 

初日参加の方々にちょっとお詫びを。

初買い初使用の薄口醤油の塩分濃度が恐ろしいほど高かったため、

仕上がりが随分と塩っぱく、濃い炊き込みご飯となってしまいました。

メジャーブランドの薄口醤油であれば、レシピ通りに作っても問題

ありません。本当に申し訳ありませんでした。

炊き込みご飯のポイントは、お米、鶏肉の下準備、そして

具材調理、きのこ!といったところでしょうか。

 

炊きあがってすぐに試食スタート。

平日は諸事情で急遽自宅レッスンとなりました。

日頃からちゃんと綺麗に片付けておけば…

大鉢なんか使ったりして… 

 

デザートは白ごまプリン。白ごまのエキスを抽出したプリン地に黒ゴマの

ソースという、なんとも胡麻三昧なデザート。

 

今回の炊き込みご飯レシピ、多少手間がかかる部分もありますが、

一番失敗が起こりにくい方法でお教えしたつもりです。

これをベースに、季節ごとの美味しい炊き込みご飯メニューを

増やしていただければと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

- comments(0) trackbacks(0)
11月料理教室日程のお知らせ。

朝晩は肌寒いくらいほどで、いつの間にか秋らしくなってきました。

 

さて、今年最後のレッスンとなる11月料理教室日程のお知らせです。

 

 11月17日(土)

 11月18日(日)

 11月26日(月)

   ※人数によっては翌27日(火)も検討中

 12月1日(土)

 

以上、4日間行う予定です。

もし、平日26日に参加が集中するようであれば、翌日27日(火)も

候補日として加えようかと思っておりますので、

平日参加希望の方は、予約の際に参加可能な日程をお知らせ下さい。

 

申し込みはこちらから → smkt@lime.ocn.ne.jp

もしもまた、エラーが出た場合はこちら → smktt@icloud.com

 

申し込みについて、

明日より参加申し込みをメールにて受け付けます。

なお、通常通り、過去一回以上の参加経験者の予約を優先し、空きが出次第

またブログにてお知らせ致します。

 

11月は例年通りクリスマスレッスンとなります。

一年、あっという間だ…

今年のメニューはどうしようかと、絶賛迷い中です。

リクエストがあれば、ぜひ。

 

どうぞよろしくお願いいたします。

 

- comments(0) trackbacks(0)
9月のfood +。

ずいぶん朝晩は涼しくなり、食欲はすっかり秋モードです。

 

9月のメニューは、いろいろ悩んだ末、果物料理をご紹介しました。

梨にぶどう、いちじく、柿やりんごなどなど、美味しいフルーツに溢れる

この時期にはぴったりなのではないかと。

大好きな果物満載で、簡単で、しかもやたらオシャレに見えてしまう…

なんて最高すぎじゃない? 

ってなことで、レッスンは何だかウキウキそわそわな感じで始まりました。

梨にいちじくにぶどう、そして栗…  秋らしいテーブルで皆様をお出迎え。

 

薄焼き茄子がポイントのマリネ。食感が何ともいい感じ。

フォルムも全て可愛らしいいちじく。温かい前菜としてワインに合わせても良さそう。

今回はワンプレートで。料理同士の果汁が混ざり合う美味しさもアリです。

 

メインの鶏胸肉のソテーもジューシーで柔らかに仕上がりました。

仕上げは手早く!

 

バタバタ盛り付けて、早速試食タイム

そして、デザートもいちじく。みんなで作って焼き上がりを待ちました。

焼きたての熱々はアイスと一緒に。

少し冷めたものも、しっかり冷やしても食感が違って美味しい。

いちじく以外に今からの時期なら洋梨でも。ベリー系もおすすめ。

 

 

もともとフルーツを料理の一材料として使うことはとても好きでしたし、

そんな果物料理は今までにも何度もお教えしたことはありました。

他食材との調和から生まれる美味しさや新鮮さ、見た目の美しさはもちろん、

果物の香り、甘み、酸味、苦味などから調味を駆け引きする面白さに

いつの間にか夢中になるのではないでしょうか?

 

そんな知的で美しい果物料理、この秋、ぜひハマってください。

 

 

- comments(0) trackbacks(0)
ちょっとお知らせ。

今週に入って、ぐっと涼しくなってきました。

朝夕と日中の気温差や秋バテで体調崩しやすい時期でも

あるので、十分に気をつけなければ…

 

さて、ちょっとお知らせです。

 

母が主宰している刺繍教室、「自由刺しゅうの会」の

第10回刺繍作品展が来月から下関で始まります。

 

 日時 10月4日(木)〜10月7日

    9:00〜17:00(最終日は16時まで)

 

 場所 Art Gallery Space 植木紙店

 HP     uekikamiten.com

 

今回も素敵なバッグがたくさん出展されるようです。

 

「今回が最後の展示会になるかも…」と言いながら、割と何回も

展示会を行なっているような…笑

でも、長時間同じ姿勢で集中して刺す作業が、年老いた身体にどれほどの

負担かということは、刺繍をしていない私でも容易にわかります。

そんな母を見ていると、まだまだ私なんて頑張りが足らないのではと思うわけです。

 

ということで、母や生徒さん達の力作、もしお時間あればぜひご覧に

なっていただきたいです。

 

それから、来月以降の刺繍教室日程もついでにお知らせ。

 

 10月14日(日) 12:00〜15:00

 11月3日(土)  12:00〜15:00

 12月2日(日)  12:00〜15:00

 ※来年1月以降はまた決定次第、お知らせいたします。

 

場所は、福岡市中央区舞鶴1丁目1−1小財ビル4階です。
(コワ・キングスペース&ラボ ヨカラボ天神 1階が戦国焼鳥家康です)

申し込みはこちら→   smkt@lime.ocn.ne.jp   矢田まで

 

初心者大歓迎、見学も可能です。

ご興味のあるお方、気負うことなくぜひご参加ください。

 

 

- comments(1) trackbacks(0)
10月料理教室日程のお知らせ。

幾分朝夕は涼しくなり、やっと夏は終わったなと実感する今日この頃。

 

さて、10月料理教室日程のお知らせです。

10月は何かと土日が忙しく、中止にしようかどうしようか

迷いに迷ったのですが…

 

 10月20日(土)

 10月23日(火)

 11月3日(土) 

 

3日間だけではありますが、行う予定です。

日曜日しか都合がつけられない方、今回は申し訳ございません。

もし、平日23日に参加が集中するようであれば、翌日24日も

候補日として加えようかと思っておりますので、

平日参加希望の方は、予約の際に参加可能な日程をお知らせ下さい。

 

申し込みはこちらから → smkt@lime.ocn.ne.jp

もしもまた、エラーが出た場合はこちら → smktt@icloud.com

 

申し込みについて、

明日より参加申し込みをメールにて受け付けます。

なお、通常通り、過去一回以上の参加経験者の予約を優先し、空きが出次第

またブログにてお知らせ致します。

 

秋弁当レッスン、第二弾にしたかったのですが…残念…。

お弁当は来年に持ち越しとなりますが、皆さんに喜んでもらえそうな

秋メニューを考えようと思います。

 

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

- comments(0) trackbacks(0)
夏休み。

長かった夏休みも終わり、ようやく通常運転に戻りました。

今年もスーパー猛暑となりましたが、それなりによく遊びました。

海にプール、川遊び、そして、夜のラグビー練習など、無理やり

息子に付き合わされながらも、大いに楽しみました。

 

先日行ったデザートレッスンの期間中に、息子とお父さんは

日本北アルプスの奥穂高を目指し、3泊4日の登山旅行へ。

今年の夏休み最大のイベントとなったようです。

私も20年近く前、主人と奥穂高に登ったことがあるのですが、

3000m級の初登山にかなりしんどい思いをしました。

11歳という年齢で、息子は登りきれるだろうか…、落石や滑落

の危険は…という私の心配もよそに、元気に戻ってきました!

あ〜ホッとした。

 

 

山登りは準備が命。

それにしても専用グッズのすごいことよ。グッズ一式購入に、

どれぐらいかかったか、恐ろしくて未だに聞けない。

ハイドレーションバッグ、かっこいいやんけ。サングラスもナイス。

現地で水を調達したら約8kgにもなるという荷物を背負っていざ出発。

 

絶景とはこのこと。初日は最高の天気だったらしい。

帰宅してすぐ、野生猿の群れに遭遇したことを、大興奮で話してくれました。

えっ!?そこですか…

一丁前な感じでインスタント昼食。なんかお兄ちゃんになったなあ…

2日目は朝から雲行きが怪しくなり、いわゆる難所と言われるザイテングラートから

大降りとなり、最悪の状況だったらしい。

↑この岩場が山荘まで延々続く。空気が少し薄くなるせいか、一歩進むごとに

息が上がってくる。去年はここで下山中に落石、滑落事故があり、

3名が命を落としたそうだ。

 

ガスと霧で山荘から山頂までは全く見えず危険と判断し、登頂断念。

景色もご来光も見れず、ただひたすら辛く、きつく、寒い登山となったようです。

それでも、下山する日の朝、小雨が降る中なんとか山頂までたどり着けたようで、

一応奥穂高登頂成功となりました。

 

よくやったぞ!

 

奥穂高登頂という達成感はもちろんだけど、それ以上にこの貴重な経験によって

多くのことに気づいて、素直に感じて戻ってきてくれたことが親としては何よりも嬉しい。

 

頂上を目指すルートというのは幾通りもあって、どこを選ぶかは自分の自由だけれど、

どのルートにも難所はあり、そこを乗り越えなければ絶対に登頂できないわけで、

それは今から生きていく道そのものなのだということに、いつの日か気づいて

欲しいなと思っています。

 

「ただいま〜、楽しかった!」とキラキラした顔で空港に着いた息子。

重いリュックを背負い、両手に大量のお土産を持っていたので、思わず手を

貸そうとすると、「いや、俺のは大丈夫、お父さんの荷物持ってあげて。」と

手を払われました。

なんだかこの数日で、急にお兄ちゃんになったような気がして、ちょっと

嬉しくなりました。

 

この調子なら、イオンで私が大量に買い物したときも頼って大丈夫だな。

頼むぜ!

 

 

数年前は、こんな可愛らしい箱入り息子でした…。

 

 

 

- comments(0) trackbacks(0)
| 1/42 | >>